デンタルローンの審査基準は厳しい?主婦・学生・アルバイトも借りれるって本当?

インプラント治療などの高額な費用をすぐに準備できない時に利用するデンタルローンですが、申込時に必ず審査があります。

健康に関するローンだし審査基準は甘いんじゃないかと気になりますよね。

実を言うと、他の住宅ローンや自動車ローンと審査内容はそこまで変わらないようです。

特に重視されているのが、ローンなので完済まで毎月の返済に無理がないかを判断するため収入が安定・継続しているかの部分です。

専業主婦の場合はご自身には収入がないので、旦那さん名義で申し込む、または、親戚などに保証人を頼まなければいけないケースがあります。

使おうと思っている方は、ローン担当者の方に色々質問をしてみてください。

歯医者で治療の際に費用のかかる治療を提案されローンがいいですよと言われ、実際に調べると様々な期間の情報が出てきてローンごとの違いがよくわからないですよね。

まず見ていただきたいのが金融機関ごとに違う手数料・借入限度額です。

借入できる金額は10万円から可能な機関もあれば30万円から借入可能という機関もあります。

一例を挙げると治療費の見積もりが20万円なのに30万円から借りれるローンの方が金利が低いとしても条件と合わないですよね。

返済計画を立てる上で申し込み前に各機関のHPに設置されている返済シミュレーションを行っていくら借りると月々いくら返済になるかを確認しましょう。

歯並びのコンプレックスをお持ちの方デンタルローンの利用はどうでしょうか。

デンタル「ローン」という響きからクレジットカード会社がやっているイメージですが、銀行でもやっているんです。

一つ例を挙げるとスルガ銀行では、限度額が800万円となっていて、最長で120回の分割払いもできます。

また、治療計画が立てやすい事前審査を行っていたり、インターネット上で契約が完結するので働いている人でも無理やり銀行に行く時間を作らなくて済むのは便利です。

歯に関してお悩みの方は参考にしてください。

歯医者に行って治療費が高額になる治療を受けたい時にみなさんはどういった支払い方法を選択しますか?クレジットカードを使って分割払いをしますか?可能であればデンタルローンを利用しましょう。

どうしてかというと、クレジットカードの分割払いとデンタルローンを利用した方が金利差が大きいからです。

一例として、三井住友VISAカードで分割払いをする場合には分割回数により12.0%から14.75%となっていますが、銀行系で扱っているローンを利用した場合、半分くらいになる5%程度の金利で借りることができます。

歯科治療を行った時に、「抜け歯の治療するなら・・」とデンタルローンを提案されたことってありませんか?デンタルローンの意味は、利用目的を「歯科治療費」のみに絞ったローン制度です。

細かい部分は違いますが、全体的な仕組みとしては「住宅ローン」や「自動車ローン」を想像していただくのが一番わかりやすいです。

では、審査申込時に必要な情報を確認しましょう。

①パンフレットなどの治療費がわかる書類、②安定・継続した収入(職業が会社員、公務員ならあまり気にしないで大丈夫です。)これら2点はどのローンでも必ず確認されます。

皆さんは歯医者を選ぶ時に何を気にしていますか?実は、歯科医院ってコンビニよりも多いんです。

なそのため家から近いを条件にしても選択肢が多くて選びにくいですようね。

そんな時に見ているのが口コミサイトです。

医院の設備はどうなのか、先生はどんな人なのか初めて行く場合には非常に参考になります。

他の選び方としては、治療内容によってどこに行くか選ぶのもありです。

例を挙げると、歯列矯正を考えている場合では、治療に行く前から高額な費用が必要な事がわかっている場合、利用したいデンタルローンを決めてからそのローンのHPから提携している歯医者を探すなどです。

時に、高額な治療費が必要になる歯科治療ですが、治したいのに治療費を用意できなくて治せないという話を聞きます。

イオン銀行のデンタルローンを活用してみてはいかがでしょう。

最低借り入れ金額が30万円以上と他のローンでは最低10万円から借り入れできるのに対して高額になっています。

他の面で違いを図っており、他のローンに比べて最低金利が3.8%とだいぶ低めになっているので、高額な借り入れになるほど金利の差が出てきそうですね。

歯医者での見積もりに合わせて、利用するローンを決めるときに覚えておいてもらえればと思います。

歯並びが悪い、噛み合わせが悪いとさまざまな弊害が起こります。

例えば、一方で噛むため顔の歪みに繋がったり、虫歯などにつながりやすくなります。

また、噛み合わせや虫歯はスポーツのパフォーマンスにも関わってきます。

短距離走のクラウチングスタートを例にすると虫歯だと食いしばって姿勢を固定する時や、スタート直後の加速時に地面を強く蹴る時に力を逃しにくいように歯を食いしばる事が作用します。

このように噛み合わせや虫歯と運動能力は密接に関わってきます。

デンタルローンを利用して治療してはいかがでしょうかその際は、月々の返済金額に無理がない計画か絶対に確認しましょう。

参考:デンタルローンの審査は厳しい?【主婦・学生・アルバイトも借りれる?】

インプラントや歯並びを矯正しようと考えても治療費が自己負担になる自費治療では費用が用意できないなど治療に踏み出しづらい方もいます。

デンタルローンを検討してみてはいかがでしょう。

また、ローンで分割になっても年間10万円以上の医療費を支払った場合は、確定申告時に申請をすることで、治療費の一部が戻ってきますので領収書は取っておきましょう。

もし、申告し忘れても、5年前までならさかのぼって医療費控除を申請できます。

このように、さまざまな制度を利用して費用負担軽減ができます。

自家用車などの買い物をする時に利用するローンですが種類が色々あってどういったローンがあるのかわからないですよね。

大きく分類すると個人向けローンと事業ローンの2つになります。

事業ローンはその名の通り、企業や事業主、個人経営者に特化したローンです。

中には、借入名義人の欄を法人名義で借りられるものもあります。

個人向けローンには、CMとかでも見かけるカードローンや住宅ローンやデンタルローンなどの利用使途を条件のあるローンがあります。

デンタルローンなどの使い方を限定したローンでは、フリーローンに比べて金利が低く設定されていることが多いです。

歯が抜けて気になるので治療しようとした時に歯科医院でデンタルローンを勧められたことはありますか?名称に「ローン」とつくだけあり、審査が必要になります。

では、審査基準はどういった部分を見ているのでしょう。

法律が絡んでくるので特に気にしているのが年齢です。

未成年では「契約の締結」という、法律上、未成年の方は親や保護者の承諾が必要になるためです。

他には、ローンや公共料金の支払い状況など、俗にいうブラックリストに記載されていないかを見られます。

また、ご自身に収入のない主婦の方も利用できますが安定した収入のある配偶者名義で申し込みをした方が通りやすくなります。

実は歯並びが気になるなど歯に関する悩みを持っている方は多いようです。

歯並びが良くないと、歯みがきしにくい部分が出てきて虫歯や歯周病になりやすかったり、頭蓋骨のバランスが悪くなり、そのバランスの悪さを気づかないうちに修正しようとして少しずつ体に負担がかかります。

歯科治療専門ローンのデンタルローンを利用して歯列矯正しませんか?歯並びがよくなることで、左右どちらかに偏ることなく均等に噛めるようになり顔の筋肉のバランスがよくなるので顔の歪みが良くなります。

またその結果、頭蓋骨のバランスも改善され、原因不明だった肩こりや頭痛が解消されることもあります。

この機会に歯列矯正治療を受けてみてはいかがでしょう。

インプラント治療や歯列矯正を行おうとすると高額な費用が必要と聞き躊躇する方が多いようです。

実は、カード会社や金融機関が取扱いをしているデンタルローンは専業主婦の方でも利用できます。

ただ、一般的に収入のない主婦の方名義で申込をする場合には、収入のある配偶者の方が保証人になる必要があります。

また、銀行などの利用目的フリーのカードローンとは異なり、使い道を歯科治療のみに設定されているので返済時の金利が低く設定されていることが多く、返済回数、借入額を事前にシミュレートして決めることができるので、余裕ができます。

なので高額な費用が必要だからと諦める必要はないですよ。

歳をとると気になってくるのが歯の悩みです。

抜け歯治療でインプラント治療って聞きますよね。

でも他の治療方法と比べてどんな違い、メリットがあるのか知っている人は少ないと思います。

ブリッジとは、歯が抜けた部分の左右の健康な歯を場合によっては削り土台にして「橋」をかけるように人工の歯を入れる治療法です。

インプラントは、歯を失った部分に人工の歯根となるネジを固定し、ネジで顎の骨に固定して、人工の歯を取り付ける方法です。

細かい条件があるけど保険適用可能なブリッジにするか完全自費になり高額だけど他の歯に影響がないインプラントにするか悩みますね。

費用面が大変という方はデンタルローンを検討してみてください。

運動をする際に歯並びが悪いと、顔の筋肉のバランス、体の筋肉のバランスが偏るため、運動能力が落ちるとされています。

子供が運動をやっている親としては気になりますよね。

歯並びの治療には高額な費用がかかることが多いのでデンタルローンを利用して体のバランスを正しパフォーマンスをフルに発揮させてあげましょう。

では、どういった期間がローンを取り扱っているのでしょう。

一例を挙げると、クレジットカードで有名なオリコの場合では借入額は10万円から500万円、6から60回の分割支払いが選べます。

申し込み方法もインターネットで完結し、審査時間が最短で3分と非常に短いです。

自分にあったデンタルローン探しの参考にしてください。